ノンエー石鹸でニキビ跡が治るのか?

ネット上の口コミなどでは、ノンエー石鹸でニキビ跡が治ると言った記載をよく見かけますが、残念ながらノンエー石鹸でニキビ跡を治すことはできません。

ノンエー石鹸で期待できる効果は次のような効果です。

  • ニキビを治す
  • 炎症したニキビの炎症を抑える
  • 余分な角質や皮脂を除去する
  • 繰り返しニキビをできないようにする

それでは何故、ノンエー石鹸ではニキビ跡を治せないのか?

ノンエー石鹸がニキビ跡を治せない理由

ノンエー石鹸でニキビ跡が治せない理由の前に、そもそも何故、ノンエー石鹸がニキビ跡を治せるといった記述があるのでしょうか? その原因は、ノンエー石鹸に含まれている成分に関係があると思います。

ノンエー石鹸でニキビ跡が治せると言われている理由

ノンエー石鹸には、大豆から抽出したダイズエキスが入っており、このダイズエキスに含まれるイソフラボンは美白効果やコラーゲン・ヒアルロン酸の生成促進効果があると言われています。そして、シミやニキビ跡を治す上でこれらのコラーゲン・ヒアルロン酸が大切だと言われているからです。

ノンエー石鹸でニキビ跡が治せない理由

acne-scars1

ノンエー石鹸の成分表を見るとシミやニキビ跡に効果があると言われているダイズエキスは確かに入っています。しかし、ダイズエキスがニキビやニキビ跡に効果がというのは実は科学的には立証されていないのです。

ノンエー石鹸は『医薬部外品』というカテゴリの扱いで、効果が立証され薬事法で規定されているものは、『有効成分』として記載することができます。そこで、再度ノンエー石鹸の成分欄を見ると、有効成分は『グリチルリチン酸ジカリウム』だけであり、ダイズエキスは『その他の成分』の方に記載されています。要は、科学的に立証されていないんですね。

しかし、やはりこれだけ多くのニキビ跡ケア用品にダイズエキスが含まれているということは、何らかの効果は期待できる可能性はあります。

ただ、問題なのはノンエー石鹸が洗顔石鹸だということです。洗顔石鹸は、基本的に余分な皮脂や角質、脂汚れの洗浄を目的とします。石鹸に含まれる成分を肌に浸透させる目的ではありません。よって、例えニキビ跡に効果的な成分が含まれていたとしても、すぐに水で洗い流されてしまいます。

もし、ニキビ跡に効果的な成分を肌に浸透させたいのであれば、洗顔石鹸ではなく化粧水や美容液を利用しなければなりません。

では、ノンエー石鹸はニキビ跡に全く効果が期待できない?

では、ノンエー石鹸はニキビ跡に全く効果が期待できないのか?というとそういうわけでもありません。本気でニキビ跡を治すには先述した通り、ニキビ跡に有効な成分が含まれた化粧水や美容液を使用する必要があります。しかし、ノンエー石鹸を併用することで、ニキビ跡の改善を加速させることができます。

ニキビ跡を治す上で肌のターンオーバーを正常な周期に戻したり、ニキビ跡の場所にニキビを再発さけないことはとても大切です。

ノンエー石鹸にその効果を期待することはできます。よって、ノンエー石鹸はニキビ跡を直接的に治すことはできませんが、間接的に治すのを促進させることは可能です。

nona-button1

ニキビ跡を治すのに効果的な化粧水とは?

ノンエー販売店21

ノンエー石鹸は、ニキビ跡を間接的に治すことは先述した通りですが、では、ニキビ跡を直接治すケア用品はどういったものがあるのか?

私がおすすめするニキビ跡のケア用品は、『リプロスキン化粧水』です。

リプロスキンは、肌への成分浸透力が非常に高くニキビ跡に効果があることで人気のある化粧水です。実際に成分表を見てみると次の通りです。

acne-scars2

『グリチルリチン酸2K』と『水溶性プラセンタエキス』が有効成分として記載されていますね。大豆エキスはここでもやはり『その他成分』です。

グリチルリチン酸2Kは、抗炎症効果があります。肌内部ではニキビがあったころの影響で毛細血管が増加・拡張し、慢性的な炎症状態になっており、グリチルリチン酸2Kはそれを抑制してくれる働きがあります。

更に『水溶性プラセンタエキス』には下記のような様々な効能があります。

  • 自律神経や、ホルモンバランスを正常にする
  • 細胞や組織の修復作用がある
  • 菌に対する抵抗力を高める
  • アレルギーに対する抵抗力を高める
  • 炎症を抑制する作用がある
  • 活性酸素を除去する
  • 細胞の働きを活性化させる

プラセンタは、人間の胎盤の中にも存在し豊富な栄養素が豊富に含まれています。リプロスキンは、そのプラセンタを水分に溶け込みやすくし肌の奥までしっかり浸透させニキビ跡を改善させます。

リプロスキンの詳細に関しては、公式サイトでご覧ください。リプロスキンの成分の浸透力の高さなどが動画などでも公開されています。