ノンエー石鹸とファーストクラッシュ

超有名なファーストクラッシュ

ニキビ用石鹸で人気の高いノンエー

より、ニキビに効果が期待できるのはどっち?

『ファーストクラッシュ』も『ノンエー』もニキビ用の洗顔料として実績がある超有名な製品です。これまで「他の洗顔料を使用してきたけど効果が全く感じられなかった」という人でもこのどちらかを使用すればまず、間違いはありません。ただ、このファーストクラッシュとノンエーでは大きな違いがあり、それをよく理解して選択しなければ肌の状態を悪化させてしまう可能性もあります。

ファーストクラッシュとノンエーの違い

ファーストクラッシュとノンエーの違い

ファーストクラッシュとノンエーとでは、効果を発揮するのに適した肌状態に以下の様な違いがあります。

ファーストクラッシュに適した肌状態

ファーストクラッシュに適した肌

ファーストクラッシュはきれいな肌の人、もしくは、軽度のニキビがあるくらいの肌に使うのが最も適しています。赤ニキビや黄ニキビなど悪化したニキビ肌にファーストクラッシュを使用するとニキビを悪化させてしまう可能性があります。理由としては、『サリチル酸』が配合されているからです。サリチル酸はピーリング成分の一種で、古い角質を柔らかくし洗顔により洗い流すという役割があります。健康な肌状態の時は、このピーリング成分により表皮をきれいに保つ効果が期待できますが、炎症を起こしたニキビにピーリング成分は逆に悪化させてしまうリスクが高くなるのです。

実際に公式サイトを見て頂ければ分かると思いますが、ファーストクラッシュは毛穴の状態をきれいに保ち『ニキビ予防』の洗顔料として宣伝されています。

公式サイト:
ファーストクラッシュ

ノンエー石鹸に適した肌状態

ノンエー石鹸に適した肌

ノンエー石鹸は、ニキビができてしまった肌に対して使うのが適しています。もちろん、ニキビの無いきれいな肌にも使用できますが、きれいな肌の場合はファーストクラッシュの方が洗顔フォームなので適しています。

ニキビ肌には洗顔フォームよりノンエーのような固形の石鹸が重要!

では、なぜニキビができた肌にはノンエー石鹸の方がいいのか?

『抗炎症成分』が含まれている

ノンエー石鹸には赤ニキビや黄ニキビなど炎症したニキビの炎症をおさえる『グリチルリチン酸ジカリウム』という成分が配合されています。赤ニキビや黄ニキビなど炎症は早急におさえないとニキビ跡の原因となります。また、ニキビを悪化させる可能性のあるピーリング成分も使われていません。

ノンエー石鹸は、ニキビ専用石鹸として開発された石鹸なので、ニキビ肌には安心して使用できます。

公式サイト:
NonA.(ノンエー石鹸)

ノンエー石鹸とファーストクラッシュの成分比較

ノンエー石鹸とファーストクラッシュに含まれる成分は下表の通りです。

  ノンエー石鹸 ファーストクラッシュ
有効成分 グリチルリチン酸ジカリウム なし
その他成分
  • 精製水
  • ヒアルロン酸ナトリウム(2)
  • ラウリン酸
  • 濃グリセリン
  • ダイズエキス
  • クワエキス
  • ローヤルゼリーエキス
  • スクワラン
  • 海藻エキス(1)
  • 2-メタクリロイルオキシエチルホスホリルコリン
  • メタクリル酸ブチル共重合体液(リピジュア)
  • カリウム含有石けん用素地
  • 1.3-ブチレングリコール
  • サリチル酸
  • ステアリン酸グリセリル
  • セタノール
  • ステアリン酸
  • BG
  • ワセリン
  • ジメチコン
  • グリセリン
  • カルボマー
  • ブドウ種子エキス
  • PG
  • 水酸化Na
  • カミツレ花エキス
  • プロパンジオール
  • グリセリス-26
  • アロエベラ液汁
  • トコフェロール
  • 酸化亜鉛
  • トリエトキシカプリリルシラン
  • ソルビン酸K
  • クエン酸
  • 安息香酸Na
  • フェノキシエタノール
  • メチルイソチアゾリノン
  • メチルパラベン
  • エチルパラベン
  • プロピルパラベン
  • ブチルパラベン
  • イソブチルパラベン
  • 香料

肌の洗浄力の違い

ノンエー石鹸は、カリウム含有石けん用素地などの成分に加え、弱アルカリ性の性質により皮脂や角質を柔らかくし、余分な皮脂や角質を落とします。一方、ファーストクラッシュは、サリチル酸の成分により肌表面の角質層を柔らかくし、余分な皮脂や角質を落とします。

どちらも角栓や毛穴詰まりを防止する効果が期待できますが、ピーリング成分でもあるサリチル酸を配合しているファーストクラッシュの方が洗浄力は高いと思います。ただ、先述した通り、ピーリング成分はニキビを悪化させてしまうリスクがあるためニキビ肌の方はノンエー石鹸の方がおすすめです。

保湿・うるおい力の違い

ノンエーの公式サイトには保湿やうるおいといった文言も見られますが、体感できるレベルのものではないと思った方が良いかと思います。対して、ファーストクラッシュにはステアリン酸グリセリルをはじめ合成界面活性剤の成分がいくつか使用されています。合成界面活性剤はデメリットもありますが、保湿やうるおいを保つというメリットもあります。よって、保湿、うるおいという面だけを見るとファーストクラッシュの方が上になります。

合成界面活性剤については、以下のページでも少し触れているので宜しければそちらもご覧ください。

ニキビ肌には洗顔フォームよりノンエーのような固形の石鹸が重要!

有効成分の違い

成分表によく記載されている『有効成分』とは、『医薬品』や『医薬部外品』のケア用品にだけ記載することが許されており、そのケア用品の効能に対して効果が科学的に認められている成分のことを言います。

ノンエー石鹸は『医薬部外品』の分類になり、効能は『ニキビ、肌荒れの改善』です。その効能に対する有効成分が『グリチルリチン酸ジカリウム』です。グリチルリチン酸ジカリウムは肌の炎症を抑える効果があり、赤ニキビなど炎症したニキビを治す効果があります。

ファーストクラッシュの方は、『医薬品』と『医薬部外品』のどちらでもなく単なる洗顔料のため有効成分を記載することができません。

ファーストクラッシュの副作用

ファーストクラッシュのサリチル酸は、質層を柔軟にし角栓や毛穴詰まりを抑止する働きがありますが、ピーリング効果も含まれます。

ピーリングとは、古い角質を強制的に取り除きターンオーバーの作用を早め肌細胞の入れ替えを促進させることです。ピーリングはニキビを治す上で効果が期待できますが、専門医で行ってもらうケミカルピーリングとは違い、自分自身で行うセルフピーリングは危険で、逆に敏感肌や乾燥肌を引き起こし、ニキビを悪化させるリスクが高まります。

ターンオーバーの作用も本来の間隔より強制的に早めるため未熟な肌細胞ができやすくなり、肌管理がとてもシビアになるためセルフピーリングは基本的にはおすすめされていません。ただ、ファーストクラッシュのピーリング効果は実際に使ってもそこまで強い様に感じないので、弱った肌に使わない限り問題ないと思います。

結局、おすすめはノンエー? ファーストクラッシュ?

もう、ここまで読んで頂ければ自分がノンエーを使うべきかファーストクラッシュを使うべきかは分かるかと思います。どちらがおすすめかというのは、使う人の肌状態によって変わってきます。

◎ニキビ予防や軽いニキビ肌の人は、『ファーストクラッシュ』

◎ニキビが悪化して炎症を起こしている人は、『ノンエー石鹸』

ただ、ニキビはできていないけど敏感肌だ、肌が弱いという人はノンエー石鹸を使用した方が肌には良いかと思います。ノンエー石鹸は、『医薬部外品』としてニキビ専用に開発されただけあり、ニキビのある人に多い敏感肌の人でも使えるように鉱物油や香料など刺激になる添加物は一切使われていない無添加の洗顔料です。

ファーストクラッシュとノンエーの比較チャート

公式サイト:
ファーストクラッシュ

NonA.(ノンエー石鹸)